「パワプロ2020」オリンピック開催!?

パワプロ01.jpg

オールスターが終わったと思ったら、次はオリンピックですよ。
初の国際戦となるわけですが、果たしてその結果やいかに!?

では、追記にて詳細を。大したことではないですが、一応ネタバレ注意。



パワプロB51.jpg

この世界ではオリンピックが無事に開催されているようですね(苦笑)。
しかし、細かいツッコミではありますが・・・この速報の言い方だと「東京オリンピック2020」が4年ごとに開催されているようにも聞こえますな。普通に「4年に一度のオリンピックが東京で開催されます」で良かったのでは。

パワプロB52.jpg

代表メンバーはこの面々。オールスターほどではないですが、これまたウチのチームの選手が多いですね。本当はもっと多かったのですが、事前に変更が可能だったので、他チームの選手を増やしておきました。出来れば休ませてあげたかったのでね・・・。

パワプロB53.jpg

試合前には国歌斉唱などの特別演出があって、これがなかなか良い感じ。士気が上がるというものです。

パワプロB54.jpg

1戦目の相手は韓国。とりあえずは無事にコールド勝ち出来ました。
海外チームの強さはペナントにおけるCOMチームとほぼ同じくらいで、ほとんど問題なく勝てるレベル。投手の変化球がやや強めな感はあるような無いような。

パワプロB55.jpg

2戦目はメキシコ。これまたコールド勝ちです。4回に一発を浴びましたが、勝敗にはほとんど影響せず。
ところで海外チームの選手って、実在の人なのかな。海外の野球事情に全く詳しくないので、その辺がいまいちよくわからず。まあ、海外の選手の使用許可まで取るのは大変だろうし、架空の人物でお茶を濁しているのかな。

パワプロB56.jpg

3戦目はイスラエルと。イスラエルの防衛体制はとんでもなく強固だという話を聞いていたので、野球の守備も強力なのかと思いましたが、別にそんなことはなかったぜ(当たり前)。
菅野はオールスター戦以来の使用になりますが、やはりスライダーが強いですね。これで結構ゴロや空振りを釣ることができました。スライダーのエグさに関しては、ウチのエースたちよりも上ではないかと。

パワプロB57.jpg

4戦目は再びメキシコと。
相変わらずの大量得点で勝っていますが、これ、国際問題になったりしないかな(笑)。3失点はリリーフの中川が途中で崩れたため。・・・というか、COMの安打確定ターン(?)が長く続いたため。こうなると、ストライクゾーンであればどこへ投げてもほぼ打たれるので、どうしようも無くなるのです。ボール球は普通に見逃すしなぁ。

パワプロB58.jpg

決勝戦は三度メキシコと。・・・もしかして、参加国少ないの? まあ、本戦となるとチームの数も限定されてくるのでしょうが、もっといろいろな国と試合したかったなぁ。
試合の方は先発の桜井がかなり頑張ってくれましたね。最後ということで、リリーフでは百合子を投入するなど、ちょっと贅沢なリレーを見せてみたり。

パワプロB59.jpg

ということでめでたく金メダルを獲得ですよ。これで、ジャパニーズスタイルの野球の恐ろしさを世界に知らしめることが出来たのではないかと思います(錯乱)。野手陣の平均打率もたぶん、6割を越えているはず(笑)。蒙古が襲来したら、日本側の兵士が全て冥人だった・・・という感じですよ。

パワプロB60.jpg

最後は稲葉監督のインタビューで締め。・・・これ、稲葉監督だよね!?
本作は手動の試合だと監督はお飾りみたいなもの・・・などと無粋なことは言いません。

願わくば、現実のオリンピックでも日本を金メダルに導いて欲しいものですな。




eBASEBALLパワフルプロ野球2020


eBASEBALLパワフルプロ野球2020